会社員でも気軽にできるワンルームマンション投資とは

不動産投資で失敗を避ける

インテリア

中古物件は客が集まらない

マンション経営などの不動産投資は土地や資産がある人向けの投資法です。しかし一般の会社員でもできる不動産投資があります。それがワンルームマンション投資です。ワンルームを購入して貸し出すので、会社員でも気軽に投資ができます。ワンルームマンション投資で失敗するケースで多いのは、中古物件を購入した場合です。会社員の場合は投資用の資金が少ないため、新築物件より中古物件を購入する人が多いのです。確かに中古物件は安く購入できるので、利回りが良くなります。例えば1500万円で購入してワンルームマンション投資を始めるとします。利回りが5パーセントで5年間運用すると375万円の利益が出る計算です。ただしこれは常に入居者がいることを前提条件にしています。現実は中古のワンルームよりも新築のワンルームを選ぶ入居者が多いのです。そのためワンルームマンション投資をしても空室になる場合があり、その分の家賃収入は減ることになります。会社員で初期資金が少ない場合でも新築物件を購入した方が、結果的にはワンルームマンション投資はうまくいきます。例えばうまく借り手を集められない場合でも、ワンルームを売却すればキャピタルゲインを得ることができます。しかし中古物件の場合は売却するとしても、購入時よりも安い値段でしか売れないケースが多いのです。結局、投資した資金より下回る元本割れを起こしてマイナスになってしまいます。ワンルームマンション投資をする場合は、新築物件を手に入れることがポイントです。

集合住宅

築浅のメリットを知ろう

不動産投資をするのであれば、築浅の投資用マンションを選びましょう。築浅の投資用マンションであれば、ローンを長期にわたって組むことができ、毎月のローン返済負担を抑えることができます。そのため、手元にキャッシュが残る可能性が高いです。

セミナー

セミナーの特徴を

不動産投資セミナーのなかでも有料のものは投資する建物の特徴などを教えてくれます。最近は耐震構造の物件が注目されていますが、そのようなマンションの投資は多少のコストが発生します。そのためセミナーでコスト感覚を身につけるようにしましょう。