会社員でも気軽にできるワンルームマンション投資とは

家主にデメリットなしです

ウーマン

利用希望者は増加中です

賃貸物件に入居を希望する方が契約する際には連帯保証人を立てる必要がありますが、連帯保証人となるのは一般的に親族など血縁者に依頼することが多いです。また、基本的に個人で安定した収入がある方となるため、親族が高齢だったり安定した収入がない場合には連帯保証人として認められず、勤務先の社長さんなど経済力のある方に頼めない状況も少なくないのが現状で、賃貸契約の際に連帯保証人がネックとなるケースも増えています。家賃債務保証の利用を希望する入居者は年々増えています。アパートなど賃貸経営を行う上で家賃債務保証を導入することは家主にデメリットも不安要素もなく、入居希望者に連帯保証人を立ててもらうのと変わりありません。万が一、家賃の未払いが発生したときには家賃債務保証が連帯保証人に変わって未払い分を返済してくれます。アパート経営に家賃債務保証を取り入れるには、家主は家賃債務保証会社と利用に関する契約を結ぶ必要があります。多くの場合、大手不動産会社が家賃債務保証を合わせて行っておりますので、大手に一括で不動産管理を依頼しているような場合には、家賃債務保証はサービスに含まれていることがあります。最近までは入居希望者に安定した収入があっても連帯保証人が立てられないと賃貸契約できる物件が限られてしまいましたが、入居希望の物件で家賃債務保証を利用できるようになっていると入居希望者には賃貸対象物件の選択肢が増えて行きますし、家主としても稼働率を高めておくことができます。